<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Yesterday Today Total

 ラクマに未登録の方は、招待コード: 9w4qAiO8 を入力して会員登録するだけで、楽天スーパーポイントがもらえます。

categories

archives

ベンツ W220 S500 エアコンのコントロールユニットの不調

 今日、オートバックスで、ナビを外してもらって気づきました。

 

 車のエンジンを切って、キーを抜いても「ジィ〜〜〜」と音が聞こえると思っていたのは、実はすぐ下のエアコンのコントロールユニットから聞こえていました。

 

 ナビを外してもらって、修理に出して、帰り際に走り出そうとして気づいて、修理は中止。カーナビは壊れていないことが判明しましたので・・・家の近くの駐車場まで戻ってきても、エアコンコントロールユニットの「ジィ〜〜〜」は消えないし、近所のベンツのメンテができるところは3連休で休みだし、モロに迷惑ですが、ヤナセに行って、とりあえずエアコンコントロールユニットのコネクターを抜いてもらって、ユニットの動作を止めてもらいました。既にカーナビが外れているから、メカニックの人が、その穴から指を突っ込んで、1分でコネクターは抜けましたけど・・・

 

 結局、現状カーナビを付けていたDIN 2段は大穴が空いていて、エアコンのコントロールユニットの電源コネクターも抜いてもらったので、ラジオも聞けず、送風すらできない状態で、残りの連休は乗り切ることになります。


 エアコンコントロールユニットは国内で修理をしているところがなく、アメリカでリビルト品を販売しているサイトがあるので、そこにメールを送って問い合わせ中です。

 

 日本に送ってくれるかなぁ。ダメなら、W220 S500は部品取車がいっぱい出回っているので、部品取車を扱っているショップに行って、部品取車からエアコンのコントロールユニットを取り外してもらって買ってきた方が速そうだけど、また壊れたら、またカーナビ外してのいたちごっこになるから、安物買いの銭失いになるよりも、リビルト品が手に入ればそれを使いたいのですが、アメリカのショップが売ってくれないと、先に進めないです。

 

 ヤナセで新品を買ったら、ユニット販売になるだろうから、そうなると20万円は超えるでしょうね。第一、車が中古市場で100万位しかないんだから、そんなことに金を使うなら、ダイハツMOVEにエアロ付けて遊んだほうがましです。

 

 それにしても、うちのW220は、エンジンもミッションもすこぶる調子は良くて、外観も痛みもないし、W220 → W221 → W222 のモデルチェンジは、エンジン性能もたいして変わってないし、元々300馬力を超えている車だし、W220の最終型は7速ミッションだから、今でも全然引けを取らないし、高速も問題なく十分に早いし、まだまだ普通に乗れます。あと10万キロくらいは、エンジンは全然大丈夫でしょう。サスもバネサスにかえてしまったから、サスも全然大丈夫だし。でも、もう10年を超えた車なんですよね。ただ、買い替えようと思っても、懐事情から、なにもかもスケールダウンして、馬力を150馬力下げて、この車の三倍の新車代を払って、燃費が倍良くなるだけなら、どうでもいいや。って思っちゃいますね。

 

 今までで一番お金がかかった修理は、エアコンのセンサーが壊れて、常にエアコンがマックスになってしまい、凍えちゃて辛抱たまらんと、ヤナセでエアコンのセンサーを変えてもらった(ということは、その周辺のASSY交換。)時の14万円也と、サス交換後にフロントのロアアームから異音が出て、ロアアームを全部取り換えてもらった時に15万円かかったくらいで、それ以外は修理代としてはほぼゼロに近いです。

 

 車検は、私が買ってから、輸入時と構造変更時の2回受けていますが、毎回自分で陸事に持ち込んでいますから(好きでやっているのではなくて、それ以外の選択肢がないからやっています。仕事で使っているダイハツMOVEは、楽をしようと、民間車検場で車検をやってもらっていますから。)、そうなると、たいして費用はかかっていないのです。車の年間維持費は、国産の3リッターに乗っているのとたいして変わらないでしょうね。

 

 バネサスに交換したり、サイバーナビを付けたりは、趣味にお金をかけているだけで、車の維持費云々とは違う価値観ですから。

ただ、こういう故障があると、手間はかかりますね。それだけは、避けられないのかも知れません。ただ、後2年は乗り続けるでしょうね。


新サイバーナビは、フロントカメラとバックカメラを交換しないといけない。

 構造変更で悪戦していた ベンツ W220 S500 ですが、3月15日に陸事で車検が通り、やっと乗れるようになりました。(・・・今までも、ずっと乗っていたんだけど・・・)・・・その話は追々書くとして、

 

 昨日、今日とオートバックスに通っています。今取り付けているサイバーナビが、車の鍵を抜いても、カーナビからジィーと聞こえっぱなしになることがあり、放置しておくとバッテリーがあがってしまうので、昨日色々考えたのが、修理して、また症状がでると面倒なので、サイバーナビを現行モデルに差し替えてしまおうと思ったのですが、そうするなら、フロントカメラとバックカメラも交換しないと接続が出来ないそうで、そこまでやると色々大変なので、サイバーナビを修理してもらうことにして、今日もオートバックスに行ったのですが、今日はカーナビを外せる人がいないそうで、日曜日のPM1時に外してもらう事になりました。

 

 オートバックスの店長と話をして、サイバーナビの修理で上手く直らない時は(ジィーの症状が出たり、出なかったりして、再現性の悪いやっかいなパターン。)、最悪、いつも仕事で乗っている同系列のナビが付けたダイハツMOVEのサイバーナビを取り外して、W220に載せ替えないと解決できなくなるわけです。・・・店長曰く、「それも一つの方法です。」とのこと。

 

 最悪パターンにならないことを祈るしかないです。故障内容の説明文を詳細に書いて、「症状が再現されてもされなくても、怪しい部品は、全て取り替えて下さい。」と依頼するしかないでしょう。

 

 それにしても、ナビが新製品になる度にカメラの取付コネクターを変えられたら、バックカメラなんて、カメラを外すのに内張を外さないといけないわけで、「パイオニアさん、そこまで仕組まないでよ。」と言いたい。ベンツとかは、オートバックスさんでも、ナビの取付が出来る人は限られていますから、取付料金以外の問題もあるわけです。

 

 中々一段落つかない・・・構造変更が伴う陸事への持ち込み車検で、けっこう疲れが溜まっていますが、土日ゆっくり休んで(休めないと思うけど・・・)、体力を回復させます。


ベンツ W220 S500 の改造申請 その後

 どうにかOKになりました。結局、修正2回目の検討データーのある数値の変更を指示されて、その数値を入れて計算し直したら、余裕だった安全率は、リアサスの破壊安全率がギリギリアウトになってしまい、サスペンションのコイルバネを600μm細くして、再計算を行い、なんとかギリギリセーフでOKになりました。

 

 インチキをしたのではなく、サスペンションのコイルバネはゴムのような塗装がされていますが、その塗装の厚さを少なくとも300μmはあると見積もって(明らかにもっと厚いでしょうが。)、コイルバネをノギスで測ると、両端にコイルバネの塗装の厚さが加わっていますから、300μm × 2 = 600μm 太く測っているので、その600μmを修正します。という道理の通った理由付けを行いました。

 

 リアーだけをこの考え方にするとおかしいので、安全率が余裕のフロントも、同様に修正しました。

 

 ここでワンポイントですが、既に採寸したコイルバネの寸法を提出していると、インチキはできないですからね。安全率が満たせないからと、都合のいいように寸法を修正したら、それは詐欺ですからね。--- 今回は、正当な理由付けで安全率を満たしたからよかったのですが、もし安全率を満たせなかったら、最悪、サスペンションを買い直しになるところでした。--- ホント、満たせてよかった。

 

 今回の経験で、採寸したコイルバネの寸法以外で、その他の固定値のパラメーターは幾つにしなければならないか、ようやくわかりましたが、ちょっとその件は、車検を通してから書きます。--- つまり、その他の固定値のパラメーターが異様にキツイのですが、御上(国)が判定する数値ですから、それは、その数値に従わなきゃいけないでしょ。--- 今その数値を書くと、読んでいる人に揚げ足を取られると困るので(揚げ足を取りようがない程キツイけど。)、車検を通してから、その数値は書くつもりです。

 

 今、車はヤナセで点検中です。もう一つ言われたのですが、改造申請なので、車重も計り直すそうで、スペアータイヤは積んでこないように言われました。ヤナセで整備が終わったら、スペアータイヤを下ろして陸事に持って行きます。


ベンツ W220 S500 の改造申請

 実は、ここ10日位、なんだかんだとベンツに時間を取られているのですが、まず、契約していた駐車場を地主が売り払ってしまって、利用者全員が追い出されて、その時点で、ベンツの車検は切れていて、オマケにリアトランクに入っている100Aのメチャ重いバッテリーが上がっていて、トランクに潜って取り外して充電して・・・まあ、次の駐車場がすんなり決まったので、なんとかホッとして・・・と、これが第一段階。

 

 

 うちのベンツはこれで、いたって普通なのですが、実は改造自動車で、なにが違うかは、サスが違うわけです。エアサス → バネサスに置換していて、車高調じゃなくて、ただの置き換え用のバネサスなので、乗り心地はほとんど変わらないです。エアサスのコンフォートとスポーツ1の間位かな? 私はこの味付けが調子よくて、同乗した人も、なにも問題を感じない乗り心地です。

 

 実物は以下ですけど、

 

 

 このベンツを買って、直ぐにこのバネサスに変えて乗り続けていたのですが、さあ困った。車検だから、構造変更をしないと・・・ってことなわけです。当初、業者に強度検討書を書いてもらえることになっていたのですが、必要な書類を全部揃えてメールしたら音信不通になってしまったし、相談した時と比べて、手数料が倍になっているので、じゃあ、いいよ。自分で書くから。と、書いて陸事に提出して、今、審議中になっていますが、都合4回陸事に通っています。これが第二段階。一回は陸事に書類のひな型をもらいにいっただけなので、それを提出する為に1回。その後、修正2回というところ。--- それで問題なのが、2回目の修正で、全く補正せずに計算をしたら、安全率がメチャクチャ高くなってしまって、なにか考え方か計算を間違っているんじゃないか?とさんざん考えて、2回目の修正はインターバル3日になってしまったのですが・・・どう考えていも間違っていないのです。それで心配になって、USBメモリーに計算式と表が入ったエクセルファイルを入れて、それも一緒に提出してきました。・・・そうしておけば、陸事の人が見て、エクセルファイルのパラメーターを変えて、色々試せるでしょ。と思ったわけです。

 

 どんなことをしても、コイルバネは壊れない。という強度検討結果にしかならないのですが、よくよく考えると、陸事(お国)が求めているのは、サスペンションASSYの強度検討じゃなくて、単なるコイルバネだけの強度検討結果は大丈夫ですか?と確認しているわけですよね。この記事を読んでいる人は、車好きに決まっているから、こういう質問ができますけど、あなたやあなたの周りで、サスペンションのコイルバネを折った人いる? いないよね。車が大クラッシュして、ホイールとサスペンションが分離して吹っ飛んだって、サスペンションのダンパーが壊れることがあっても、コイルバネが折れたなんて、聞いたことがないでしょ。だから、コイルバネに限定してしまえば、折れるわけがないのよ。普通車なら、コイルバネだけに限定して強度検討をすれば、絶対陸事(お国)の要求を余裕で満たしているって、決まってのよ。(と、思い出しました。)

 

 厳密に言うと、コイルバネは折れることはありますよ。プレス機で何万回も、コイルが密着するまで負荷をかけ続ければ、やがて金属疲労で折れるでしょう。Youtube でも上がっていますね。でもそれは、金属疲労で壊れるのであって、実車でそんな状態が再現されれば、それ以前に車が原型をとどめていないでしょうね。

 

 チューニングショップでは、得体の知れないサスペンションを取り付けて、コイルバネが折れた。という経験があるメカニックもいるみたいですけど、それは得体の知れないサスペンションで、コイルバネがパチモンとか、コイルバネの材質を偽っているとか、コイルバネの製造過程で異物が混入しているとかだと起こり得るでしょうが、市販車のコイルバネを製造して、自動車メーカーに納品しているような、しっかりしたメーカーのコイルバネだと、そんなことはないでしょうね。--- そして、それは、コイルバネの強度計算では予測できないからね。

 

 今、ベンツはヤナセに入れて、点検してもらっています。整備をするような痛みはないはずですが、一通り見てもらって、ちょっとやってもらいたいこともあるので、それらを加えて、「いつでもいいから。(どうせ、車検が切れているし・・・)」と整備に入れて、陸事から承諾が得られたら、仮ナンバーを取って、陸事に持って行って車検を通してくるつもりです。

 

 恐らく、あと10日位で乗れるようになるでしょう。・・・でも、その後直ぐに、オートバックスに持って行ってカーナビの修理。これが第三段階ってことです。なんで、こんなでかいバッテリーが直ぐに上がるの? おかしい? と思っていたら、どうやらカーナビが、リアルオフになっていないようです。エンジンを切って鍵を抜いても、カーナビが何時間も「ジィ〜〜〜」と言っていて、バッテリ上がりが、いつも9.5V位で止まっているので、カーナビが「ジィ〜〜〜」と言わなくなるところまで、カーナビがバッテリーを食い続けているんじゃないかと疑い出しています。

 

 もう一台、同じカーナビをMOVEに付けているのですが、MOVEはそんな音はしないので、ベンツに付けているカーナビの何処かが壊れているんでしょう。

 

 今月中は、ベンツにかかりっきりになりそうですが、とにかく車検をパスしないと先に進めません。意識して先に進めます。


協定規則(第87号)デイタイムライトの法改正

 以下を読んで、

 https://www.naltec.go.jp/topics/fkoifn0000002jxi-att/fkoifn0000002jyp.pdf

 

 デイタイムライト(デイタイムランニングランプ)に関しては、日本が世界に追従しているスタイルなので(ある意味、遅れている。)、こういったガイドラインがあると助かるのですが、よく読むと(まだ読み消えていないけど)、フォグランプのような左右2灯のライトで、大きさが規定されているけど、左右に3つづつLEDが光っているのは、それは2つのLEDフォグという解釈? 白い光に限るって、タクシーでも付けている人がいるけど、青はダメなの? BMWのイカリングって、4つがドーナツ型に光っているけど、それは2つのLEDフォグという解釈? 300カンデラ以下なら、昼間走行灯という解釈ではないの?

 

 ちょっと読んだだけじゃ、全然わからない・・・

 

 2灯のライトは、25cm^2 〜 200cm^2 の範囲ってなっているから、これを面積だと判断すれば、まあ、だいたいは入るんだろうね。

 

 ただ、白い光にしないとダメそうだから、黄色や青のフォグは、デイタイムライトとは見なされないという事になるのかな。恐らく・・・

 

 何時決まるのかわからないけど、2020年から新車はデイタイムライト装備が義務になって、2021年から継続生産の車も義務になるの?

 

 問題なのは、これを民間車検場が理解していないと、車検の度に取り外されて、違反だから取り付けられない。って言われるわけで、誰にでもわかるようになっていないと、取り外して、違反だから取り付けはできない。は、どっちかの解釈が間違っていることになるから、まあトラブルになるだろうね。

 

 なんでこんなことを考えているかは、うちのW220 ベンツは、BRABUSタイプのフロントフェンダーが付いていて、ずっとフォグを外した(もろに穴が開いた)ままなので、デイタイムライトを口実にフォグを付けようかと思っているわけです。その為には、この法改正をしっかりと理解する必要があるわけです。

 

 パパッと理解できないので、追々考えます。BRABUSタイプのフロントフェンダーって、フォグを4つ付けられるので、4つ共デイタイムライトです。ってことにしたかったけど、やっぱりそうはいかない。2灯で規定されてしまうと・・・

 

 ちょっとやり方を考えないとダメですね。


| 1/85PAGES | >>