<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Yesterday Today Total

 ラクマに未登録の方は、招待コード: 9w4qAiO8 を入力して会員登録するだけで、楽天スーパーポイントがもらえます。

categories

archives

AMEX DELTA SKYMILES 更新

 AMEX DELTA SKYMILES の更新クレカと、ETCカードが送られてきました。私の唯一のゴールドカード(年会費を払っているクレカ)。もう5年目なんですね。

 

 このクレカ、ネット上ではそんなに評論はされていないけど、持っていればわかります。なんで、成田空港でいつもクレカの募集をしている人がいるのか? メリットが凄いのよ。DELTAを利用しない人にはわからないけど、DELTAをメインにSKYチームの飛行機を利用する人には無敵のクレカだよね。持っているだけで、ゴールドエリートメンバーの扱いになるっていうのは、JALのクレカでもANAのクレカでも、プラチナでもブラックでも、そんな特典はないんだから。まあ、プラチナやブラックを持っている人は、ビジネスクラスに乗るんだろうけど・・・

 

 サイパンやパラオに年に2回以上行く人なら年会費の元が取れます。なにが年会費以上に凄いのかは、成田空港でクレカを紹介している人に聞いてみればわかります。JALやANAのクレカを紹介している人に「DELTA AMEXと同じ特典があるの?」って聞いてみると、「あれはおかしいです。」って言われるから。それくらい凄いんだけど、まあ、ネットで検索して調べて下さい。

 

 

Ps.

 エネオスカード S の否決の後、COSMO ザ カード オーパスが届いて、入会特典を満たすべく一所懸命使っています。そして、よせばいいのに、「じゃあ。Shell ポンタカードを申し込もう。」と申し込んだら、やっぱり否決。GS系クレカは連続2連敗になって、「このままじゃまずい。」と、かねてより計画していた楽天カードのアップグレードを申し込んで、楽天プレミアムカード Master を予想通り可決。しかも11月1日に、楽天カード JCB がnanacoチャージでポイントが付かなくなった瞬間に申し込むあたりは、ホント計画的。しかも、楽天プレミアムカード Master は、C枠300万って、このクレカの上限。私の信用情報は、GS系クレカ2社からそっぽ向かれた直後に、楽天さんはC枠300万を提示してくれました。という、不思議な状態。今年は縁起を担いで、もう年会費無料のクレカは申請しないつもり。(あと欲しいのは、GS系クレカしか残っていないんだけど。) 半年間はおとなしくしていないと・・・楽天プレミアカードに付帯する楽天ビジネスカード(これは、否決にならないらしい。)は申請するけどね。その為にプレミアムカードにしたんだから。


エネオスカードS 否決

 久々に否決になりました。同時期に申し込んだイオンのコスモザカードは可決したので、年内出張が決まっている東海地方は、コスモのGSを意識して走ろう。

 

 GS系のクレカは、全然持っていなくて、先月北海道に行った際に、エネオスで何度も給油したんだけど、エネオスはGS毎に提携石油会社が色々異なるので、どのクレカで決済したらお得なのか全然わからない。それならば、エネオスのクレカを作れば考えなくて済むじゃない。と思ったのですが、否決じゃどうしようもない。トヨタファイナンス、侮りがたし・・・

 

 エネオスは、ホントわからない。エネオスのGSじゃなくて、エネオスブランドのGSなので、元が色々違うわけ。楽天カードで支払うとお得なエネオスもあれば、そうじゃないエネオスもあるし、dCARD(docomo)のクレカがお得なエネオスもあるし、イオンのクレカがお得なエネオスもあるんだけど、遠出して初めて給油するエネオスでは、そんなことわかるわけないじゃない。クレカをいっぱい出して、「どれがお得?」なんて、恥ずかしくて聞けないし、エネオスのGSだって、そんなことに付き合っている程、暇じゃないよ。だったら、やっぱりエネオスのクレカを持てば、最も効率がいいじゃない。

 

 まいったなぁ。否決は半年間記録が残るから、しばらくおとなしくしているしかないか・・・

 

 借入金とローンが一切無い状態で、ここ半年間で、楽天銀行カードが否決(銀行系クレカは、ビンボー人には敷居が高い。)の後、ライフカード(半年前に1回否決), dCARD, SEVEN CARD plus, NTT Group カード, セディナカード Jiyu!da!, DC CARD Jizile が連続可決で、以前から目を付けていたクレカはほぼ手に入れたんだけど、イオンのコスモザカードとエネオスカードをほぼ同時に申し込んだら、さすがにエネオスカードは否決でした。当たり前か。だよね。自分がクレカの審査担当だったら、当然否決にするだろうし・・・

 

 イオンのコスモザカードは未だ届いていないけど、発行されたクレカは目的毎にけっこう使っているんだけどね。使っているということは、私の信用情報照会では、以前から使っているクレカも含めて、全部請求がかかっていることがわかるから、それって端から見れば、自己破産するんじゃないの?って思われるかな? 可愛く使っているだけなんだけどね。

 

 当分おとなしくしていよう。半年したら、エネオスカードは再チャレンジするつもり。ネット上の情報だと、トヨタファイナンスはコンピューターに自動判断させているようで、そうであるなら、今使っているクレカ数を半年間減らして使う状態を維持してからでないと、可決しないかも知れないなぁ。でも、発行されたクレカは、けっこう使っているんだよなぁ。まあ、追々考えましょう。


北海道ハムフェアに行ってきました。(2)

 開演のご挨拶の写真です。

 

 

 北海道ハムフェアは、土日の2日間で、土曜日は午後から開演なのですが、実は、出展者だけでなく、来場者も午前中から入れてくれます。なんせ北海道はでっかいどうだから、無線で有名な知っている地名でも数百区キロ離れているのが普通。前日からセットアップでは、開催スタッフも出展者も都合を付けるのが大変でしょうから、開催日当日の朝からセットアップして、午後から開催となるようです。でも、セットアップが終わった頃(AM11時とか)からなら、来場者も入れてくれます。ですから、この写真は、「そろそろ開演!」となった時に、出展者も来場者も、一旦外に出て、それから通常のセオリー通りの開催となるわけです。札幌市内であっても、駐車場はあちこちにいっぱいあるのですが、会場の前の駐車場は、午前中でほぼ埋まっていて、7割型は出展者が使っているようです。来場者は、最初から割り切って、周りの駐車中にとめた方が良いでしょう。どうせ、何処でも1日1.000円の駐車場代位ですから。

 

 道外の出展は、遠くは3エリア,2エリアの人がいました。遠くの人はフェリーで来ているようです。便利に使える航路がある範囲だと、3エリアが限界かなぁ? 当然7エリアは近いのですが、近いと言っても、7エリアの人も皆フェリーを使うしかないので、思い付きと気合いだけでは来られないわけで、計画と出展のイメージを固められる人、開催までそれを維持できる人でないと、道外の方の出展は難しいように思います。道外の人は、北海道に何泊すれば出展できるかですが、開催日の前日着(そうしないと、体が持たない。)で、終了日の次の日にフェリーに乗るとすると(終了日の夜にフェリーは出ていないので。)、最低、北海道内に3泊する必要があります。終了日の夜は車中泊で・・・ なんて、できないでしょうね。やっぱり、夜は寒い。新潟,栃木より北は、9月頭でも、夜は気温ががくんと下がりますから。

 

 ここ数年、ハムのイベントは出展ばかりやっていて、なにも見られなかったのですが、今回はただの来場者ですから、気楽に観覧してきました。掘り出し物は以下です。

 

 

 

 Winkey の極上品です。なんと、1,000円でした。--- あれ。あれ。そういえば、私、「無線止めた。」と言い回っているような??? もう、CW打てなくなっているかもしれない・・・


北海道ハムフェアに行ってきました。(1)

 出展しよう、しよう、したい! と思っていた北海道ハムフェアに車で行ってきました。出展する為には、商品を持って行かなければならない。--- そうなると、車で行くしかないのですが、横浜から札幌だと、けっこうあります。1,100キロ以上・・・ フェリーの乗船時間が最短になるのは、青森の大間→函館ですが、イメージがわかない。とにかく車で行って、感触を掴んでこないとプランが立てられないので、一回行ってみることにした次第です。

 

 問題は行きですね。フェリーの時間が支配しますから。横浜→大間まで900キロ以上走って、どれだけ計画と時間にずれがでるか? このマージンを十分にとる必要があります。乗り遅れたら、出品できなくなってしまいますから、なにしに行くのかわからなくなってしまいます。そして、道中、何日宿泊すればよいのか? 車で行ってみて実感できました。

 

 函館→札幌も、けっこうな距離が(200キロ以上)ありますから、出展するなら、開催日の前日に札幌に着いて、そのまま現地で1泊して、開催日の朝に出展の準備をして、ハムフェア開始。その夜に1泊して、翌日、2日目の出展を終えたら、片付けて、札幌→函館まで戻って1泊。翌日、フェリーで大間に戻り、大間→横浜を運転して帰る。これが、ギリギリ無茶なプラン。この時点で、3泊は絶対必要。帰りはサービスエリアや道の駅で、自由に寝て、のんびり帰ってこられるけど、行きの横浜→大間の900キロは、フェリーの時間から逆算して出発しているから、常に時間を気にし続けなければなりません。本当は、青森県内で1泊したいところです。と、言うのは簡単だけど、そうしただけで既に4泊。

 

 こんな事を考えていると、フェリー航路を見直した方が良いのでは? ということにもなります。横浜→札幌→横浜の往復で、2,307キロ走ったのですが、帰りは、札幌→大間→新潟(ここで1泊)→横浜と日本海側を走ってきました。走行距離は、帰りは新潟経由でも、行きと100キロ位しか変わりません。しかも、帰りは一切高速も有料道路も使わずに帰ってきましたけど、行きに比べて疲労感は全然低いです。(時計を気にしなくて良い。というものあるでしょうが・・・) 日本海側の方が道路はすいているし、信号が少ない分、幹線道路が普通に流れます。道の駅もいっぱいあるし・・・ 青森県の十和田湖から秋田県に抜ける際に、道が細い山道を通らなければならないところがありますけど、幹線道路の舗装路だし、軽自動車だったから全然平気。第一、深夜の山越えだと、対向車なんて、2台しかすれ違わなかったけど・・・

 

 一番注意しなければならないのは、深夜の秋田県は、ガソリンスタンドが2軒しか開いていなかったこと。1軒目は対向車線で、ちょうど対向車が通ったので、パスして次を探そうとしたら・・・全然無くて、秋田市内でも全然見つけられなくて(全部閉まっている。)、ガソリン残量の警告灯が点灯して、「もう、朝まで道の駅で寝てよう。」と思ったところで、やっと開いているガソリンスタンドを発見。ガソリンスタンドの店員さんの話を合わせても、深夜、秋田県内でガソリンスタンドが3軒しか開いていないことになるんだけど・・・ 深夜、秋田県の道の駅で寝ている車は、何人かガソリンスタンドが見つけられなくて、ふて寝しているんじゃないかと思うけどね。

 

 次の北海道ハムフェは2年後だろうけど、新潟から北海道までフェリーを利用する方法もあるし、色々なパターンを考えておきます。まあ、今回わかったけど、帰りは高速を使わずに(第一、新潟まで高速はまともに開通していないし。)日本海側をのんびり走って帰ってきても楽しいですわ。行きは北海道に渡るまで、時計を気にしながら走るのがちょっと苦痛なので、フェリー航路を十分に調べておきます。


モッピーで1,000ポイントが当たった。

 

 出張から戻って、ちょっとモッピーを覗いたら、覚えのない1,000ポイントが付いていました。

 

 チェックしたら、以下でした。

 

 私は使いやすいと判断して、チャージを繰り返しているのですが、そのご褒美?かな。

 

 

 セディナカードからのチャージは手数料がかからないし、ポイントは付くし、更にくじに当たれば、ご機嫌ですわ。

 


| 1/94PAGES | >>