<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Yesterday Today Total

 ラクマに未登録の方は、招待コード: 9w4qAiO8 を入力して会員登録するだけで、楽天スーパーポイントがもらえます。

categories

archives

西部ハムの祭典 は、来年だなぁ。。。

 結局わからない(知らなかった)を理由に、行くのを断念するしかないのですが、来年に備えて書いておきます。

 

 まず、おさらいとして、東海地方の天気予報では、当たり前のように言われている。

 

 東海地方 南部 → 三重県のこと。
 東海地方 西部 → 愛知県ののこと。
 東海地方 東部 → 静岡県のこと。 があって、
 一般に、岐阜県は 南部, 西部, 東部 という区分けじゃないです。(私、横浜在住だから、正確にはわからない。間違っているかも知れない。)

 

 東海地方のハムの祭典は、西部と東部で行われていて、案外、西部の人は東部に対して、東部の人は西部に関して無関心なのね。これは、双方の会場がけっこう離れているから。お互いに出展(出店)したら、ほぼ遠征になってしまうので、知ってはいても、「遠いからね。」という判断で無関心なのね。

 

 東海地方のハムは、西部が何時で、東部が何時で と情報を得られるのかも知れないけど、横浜在住の私じゃわからない。JARL静岡県支部のサイト を何度もチェックして、ようやく 東静アマチュア無線フェア の開催を見つけたけど、それで安心してしまって、西部ハムの祭典 の開催に気づかなかった。

 

 ところで、この西部って、静岡県の西部ってことだよね。東海地方の人は、西部(愛知県)と東部(静岡県)と大きく言って、東部(静岡県)の中で更に、西部(浜松市)と東部(裾野市)でハムフェスが行われていて、西部(浜松市)の西部ハムの祭典を東海地方的には、東部のハムフェスと言っているのかな? なんとなくこれで合っていそうに思うけど、ようやく理解できそう。

 

 ここで、

 

 西部は、東海ハムの祭典で、JARL東海地方本部のサイト からリンクで追えるし、PRが十分にされているから(専用ホムペあり)、2エリア外からも知られている有名なハムフェス。

 

 問題は東部で、実は2つあって、JARL静岡県支部のサイト から情報を得られる。

 

 今年は、2月12日に開催されたのが、東静アマチュア無線フェア で先週に出展(出店)してきました。東静アマチュア無線フェア は、2016年12月31に出展(出店)を申し込んでいて、申し込んだということは、その時点で情報が公開されていたということです。

 

 そして、2月19日に開催されるのが、西部ハムの祭典 --- これ、年明けの1月3日情報公開だったのに、見事に読み落としました。JARLニュースにも書いてあったそうですが、読んでない。JARLニュース自体を読む習慣がない。

 

 西部ハムの祭典の開催を何で知ったかは、東静アマチュア無線フェアでお客さんに教えてもらったから・・・ その時点で情報を得ても、もう間に合わない。飛び込みで行ったって、飛び込み用にどう準備すればいいの?・・・ 今年はめげるしかないなぁ。

 

 静岡県のハムフェスは、申込期限の数カ月前から何月何日開催ってわかっていれば、JARL静岡県支部のサイト を頻繁にチェックしていれば、申し込みの受付が始まったら申し込めるけど、根底から 西部ハムの祭典 の情報を読み落としていると、どうしようもない。情報を追い切れなかった・・・

 

 なんか情報源が hamlife.jp だったりするんだけど、コンテスト・カレンダーのサイトを作っている人はいるけど、ハムフェス・カレンダーのサイトってどこにもないよね。ハムフェアと、KANHAMと、東海ハムの祭典位PRしたら、担当者が専属でないとできないからね。コミケ情報サイトもフリマ情報サイトもあるんだから、ハムフェス情報サイトがあってもいいと思うんだけど・・・ようするに、ハムフェス系は、原則として金儲け目的じゃないから、PRサイトをまとめるのは難しいかもね。私は金儲け目的だからね。私がそんな情報サイトを作ったら、確実にケンカになって、また2ちゃんねる行きになっちゃうから、誰がやってもそうなるなら、こんな便利なサイトが構築できない。ってことになるわけだね。

 

 私は、「誰かハムフェス情報サイトを作ってよ!」としか言えない。「だったら、おまえがやれよ!」って言われたら、オレがやったらケンカになるよ。って分かり切っている図式にしかならない。PRと集客の効率を上げようとしたら、「誰に断って仕切ってんだ!」ってことになると、誰もそんなサイトは作れない。ってことになるだろうね。--- ほんと、難しい。主催者も出展者もイベントは盛り上がることを期待するはずだけど、ちょっと離れたところから参加しようとする人は、何時どこでやるかすら気づかない。って現状があるわけです。


| 1/106PAGES | >>