<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Yesterday Today Total

 ラクマに未登録の方は、招待コード: 9w4qAiO8 を入力して会員登録するだけで、楽天スーパーポイントがもらえます。

categories

archives

X1M その後

 KANHAMから戻って、やっとX1Mに触れました。

 正直言って、私が持っている(ここではサンプルと言っておきます。)X1Mは、おかしいですね。周波数がかえられて、VFO A と B が設定出来て、ボリュームが動くだけ。RITはどこ行った? PREが切れないぞ。SPLも選択できないぞ。という感じ。--->そんな話しは聞いていないんですけどね。

 これで、とにかくKANHAMは乗り切ったわけです。KANHAM前に間に合わないと言う話になった際に、サンプルがKANHAMに間に合わないと無意味だ。(まあ、確かにそうですけどね。)と言って、1台だけDHLで送ってもらったのですが、取説無しで、電源ケーブルもコネクターだけで、KANHAM出発9時間前に到着。・・・X1Mだけの準備をしているわけじゃないんで、もう必死でしたけどね。

 それでなんとかKANHAMではデモが出来た(それ以前に暑くて、あれじゃ落ち着いて見れないと思うけど・・・)のですが、当然デモ機だから、ダイヤル回して、遊ぶだけなのですが、デモ機のX1Mは、それで気づかない範囲でしか動いていない可能性が高いです。

 さっき設計者にメールして、全然動かない。マニュアルあるか。送信系統図を書き直さなければならないので、回路図を送ってくれ。と伝えたのと、あなたのX1Mで動作チェックをして、もし問題があれば中国の商社に電話をして、発送を止めるように言って下さい。と伝えました。

 私にサンプルを送ってから10日間位時間があったので、その間に残りの49台のソフトウエアを書き換えている(書き換えていなければおかしい)と思うのですが、物が届いてみないとわからないですね。

 とにかく、大事な事に関しての説明が一切ないのですよ。液晶の変更も事前に話しがあってしかるべきなのに、それがない。納期遅延も中国の商社に何日に送るからと自ら話しをしたあとに、その予定を数日遅れて、実は・・・と始まって、発送は2週間遅れる。と言っても、液晶変更の話しは一切していない。だから、なんで止まったのかも全く分からなかったんですけどね。恐らく、6月半ば位に急に液晶を変えようと思ったんだと推測していますけど、だから間に合わないんだけどね。その時まで話していた出力4.5Wとか言っている話しも全然違うので、ホントに急に方針変更をしたんだと思います。

 設計者は発送したそうですが(これもKANHAMの週の週末に出す予定だから遅れています。)、未だ中国の商社に届いていません。週明けでしょうね。それで私が台湾に飛んでいる最中に、日本着でしょうね。まあ、ハッキリ言えば、悪循環の繰り返しになっています。

 もっと変なのは、私がKANHAMでデモを始めた頃には、設計者本人から新しい液晶のX1Mの写真が世界中にばらまかれて、ご予約頂いている方も数人潜っていますけど、アメリカのX1Mのメーリングリストに新しいX1Mの紹介をしているのです。つまり、世論を動かして、全く物が出てこない(私のKANHAMのデモ機だけ)販売手法で、全く誰も付いていけなくなっちゃいますね。だから、写真だけ出回って、物が無い(生産能力が無い)わけです。

 私から言わせれば、世論誘導ばっかり行って、物が出てこなきゃしょうがないでしょ。世界中おんなじ写真。出所は、設計者本人ですからね。だから、どこで注文を入れても物がないわけです。

 私は他人事と言ってしまいますけど、X1Mって現行型(旧型になっちゃっいましたけど)があって、世界中のディストリビューターは在庫を持っているわけです。それをいきなり、同じ品名でバージョンアップしたら、世界中(特にアメリカ)のディストリビューターは、旧型のX1Mの在庫を抱えてどうするんでしょうね。こういうやり方は信頼関係に亀裂が入りますね。私だって、最少ロットの必要数しか仕入れないと方針を固めちゃいましたしね。

 これを目の当たりにすると、私は正直、危機感を持ちますね。いつか、旧型を仕入れて総被りになるんじゃないかって。けっこう怖い取引ですね。

 それで JM1LJS WEB SHOP の X1M ですが、以下の写真です。当然最新ロットですけど、最新ロットが最優秀なのかはわからないし、次のロットも同じ物を生産するかも全く分からないです。設計者にこうすると決めたビジョンがあるのかわからないですから。



 それで、このバージョンには6mはありません。20W機で6m付きを作るということになっていますけど、同じ筐体に収めるつもりかなぁ? このX1Mでも電源オンにしておくと、けっこう発熱するんですけどね。この筐体で20W機だと、放熱が追い付かないと思いますけどね。20W機は更に液晶がでかいはず。価格がどうなるか、全く話しが出てこない(聞いても、答えが無い。)んですけどね。



 背面は、BNCではなくて、Mコネです。私がMじゃなきゃイヤだ。と指定しています。BNCのなにが使いやすいんだ。と思っていますから。それから、○ちゃんねるで中国のタオバオの出品を見つけている人がいますけど、あそこ安いですよ。私が見つけた時はもっと安くて、それを基にX1Mの設計者と話しをしたら、それは安すぎる、価格を改定させる。従わない場合は出荷しない。って話しになって、私は設計者の提示の価格で買うことになったのですから。冗談抜きで、中国のタオバオの会社、チャーハン一杯位しか利益を取っていません。そんなこと私にはできません。商社を使って仕入れられる人は、手数料を払ってもそっちで仕入れた方が安いですよ。マニュアルがチャン語だって、読めないわけじゃないですし。ただ、日本で免許が取れないだけです。私が扱っているのX1MはシリアルナンバーにJPと入っていて、送信がJAのハムバンドに制限されていますから。ですから、TSSにシリアルナンバーを聞かれたらアウトです。もちろん私に修理依頼がある時は、シリアル番号を聞きますからね。並行輸入物は、買った人の責任で中国に送って下さいね。私やイヤですよ。

 6m機どうしましょうかね。私、最初の実験台で仕入れたくないんですよね。価格も高そうだし。当分HFのQRPだけの仕入れに専念しますからね。

 とにかく、来週は台湾です。KANHAMでもご予約頂いたスイッチング電源をハンドキャリーで持って帰ってきます。それに台湾の会社に提示する宿題もあるのです。今日やらないと、当然毎に合わないですね。(笑)


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック