<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Yesterday Today Total

 ラクマに未登録の方は、招待コード: 9w4qAiO8 を入力して会員登録するだけで、楽天スーパーポイントがもらえます。

categories

archives

ベンツ W220 S500 の改造申請

 実は、ここ10日位、なんだかんだとベンツに時間を取られているのですが、まず、契約していた駐車場を地主が売り払ってしまって、利用者全員が追い出されて、その時点で、ベンツの車検は切れていて、オマケにリアトランクに入っている100Aのメチャ重いバッテリーが上がっていて、トランクに潜って取り外して充電して・・・まあ、次の駐車場がすんなり決まったので、なんとかホッとして・・・と、これが第一段階。

 

 

 うちのベンツはこれで、いたって普通なのですが、実は改造自動車で、なにが違うかは、サスが違うわけです。エアサス → バネサスに置換していて、車高調じゃなくて、ただの置き換え用のバネサスなので、乗り心地はほとんど変わらないです。エアサスのコンフォートとスポーツ1の間位かな? 私はこの味付けが調子よくて、同乗した人も、なにも問題を感じない乗り心地です。

 

 実物は以下ですけど、

 

 

 このベンツを買って、直ぐにこのバネサスに変えて乗り続けていたのですが、さあ困った。車検だから、構造変更をしないと・・・ってことなわけです。当初、業者に強度検討書を書いてもらえることになっていたのですが、必要な書類を全部揃えてメールしたら音信不通になってしまったし、相談した時と比べて、手数料が倍になっているので、じゃあ、いいよ。自分で書くから。と、書いて陸事に提出して、今、審議中になっていますが、都合4回陸事に通っています。これが第二段階。一回は陸事に書類のひな型をもらいにいっただけなので、それを提出する為に1回。その後、修正2回というところ。--- それで問題なのが、2回目の修正で、全く補正せずに計算をしたら、安全率がメチャクチャ高くなってしまって、なにか考え方か計算を間違っているんじゃないか?とさんざん考えて、2回目の修正はインターバル3日になってしまったのですが・・・どう考えていも間違っていないのです。それで心配になって、USBメモリーに計算式と表が入ったエクセルファイルを入れて、それも一緒に提出してきました。・・・そうしておけば、陸事の人が見て、エクセルファイルのパラメーターを変えて、色々試せるでしょ。と思ったわけです。

 

 どんなことをしても、コイルバネは壊れない。という強度検討結果にしかならないのですが、よくよく考えると、陸事(お国)が求めているのは、サスペンションASSYの強度検討じゃなくて、単なるコイルバネだけの強度検討結果は大丈夫ですか?と確認しているわけですよね。この記事を読んでいる人は、車好きに決まっているから、こういう質問ができますけど、あなたやあなたの周りで、サスペンションのコイルバネを折った人いる? いないよね。車が大クラッシュして、ホイールとサスペンションが分離して吹っ飛んだって、サスペンションのダンパーが壊れることがあっても、コイルバネが折れたなんて、聞いたことがないでしょ。だから、コイルバネに限定してしまえば、折れるわけがないのよ。普通車なら、コイルバネだけに限定して強度検討をすれば、絶対陸事(お国)の要求を余裕で満たしているって、決まってのよ。(と、思い出しました。)

 

 厳密に言うと、コイルバネは折れることはありますよ。プレス機で何万回も、コイルが密着するまで負荷をかけ続ければ、やがて金属疲労で折れるでしょう。Youtube でも上がっていますね。でもそれは、金属疲労で壊れるのであって、実車でそんな状態が再現されれば、それ以前に車が原型をとどめていないでしょうね。

 

 チューニングショップでは、得体の知れないサスペンションを取り付けて、コイルバネが折れた。という経験があるメカニックもいるみたいですけど、それは得体の知れないサスペンションで、コイルバネがパチモンとか、コイルバネの材質を偽っているとか、コイルバネの製造過程で異物が混入しているとかだと起こり得るでしょうが、市販車のコイルバネを製造して、自動車メーカーに納品しているような、しっかりしたメーカーのコイルバネだと、そんなことはないでしょうね。--- そして、それは、コイルバネの強度計算では予測できないからね。

 

 今、ベンツはヤナセに入れて、点検してもらっています。整備をするような痛みはないはずですが、一通り見てもらって、ちょっとやってもらいたいこともあるので、それらを加えて、「いつでもいいから。(どうせ、車検が切れているし・・・)」と整備に入れて、陸事から承諾が得られたら、仮ナンバーを取って、陸事に持って行って車検を通してくるつもりです。

 

 恐らく、あと10日位で乗れるようになるでしょう。・・・でも、その後直ぐに、オートバックスに持って行ってカーナビの修理。これが第三段階ってことです。なんで、こんなでかいバッテリーが直ぐに上がるの? おかしい? と思っていたら、どうやらカーナビが、リアルオフになっていないようです。エンジンを切って鍵を抜いても、カーナビが何時間も「ジィ〜〜〜」と言っていて、バッテリ上がりが、いつも9.5V位で止まっているので、カーナビが「ジィ〜〜〜」と言わなくなるところまで、カーナビがバッテリーを食い続けているんじゃないかと疑い出しています。

 

 もう一台、同じカーナビをMOVEに付けているのですが、MOVEはそんな音はしないので、ベンツに付けているカーナビの何処かが壊れているんでしょう。

 

 今月中は、ベンツにかかりっきりになりそうですが、とにかく車検をパスしないと先に進めません。意識して先に進めます。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック