<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Yesterday Today Total

 ラクマに未登録の方は、招待コード: 9w4qAiO8 を入力して会員登録するだけで、楽天スーパーポイントがもらえます。

categories

archives

日本の何処が核攻撃されるかを考える。

 まず、朝鮮総連支部は、各県に複数あります。そして、世界中の大使館と領事館は、東京と大阪に集中しています。それに、朝鮮系の学校と在日米軍の基地を加えると、以下のようになります。

---

北海道 1校

 

青森県
在日米軍基地 三沢飛行場

 

宮城県 1校
福島県 1校

 

東京都 10校
世界中の大使館が集中(もちろん、朝鮮総連本部も中国もロシアも)

 

神奈川県 5校
在日米軍基地 横須賀海軍施設
在日米軍基地 横田飛行場
在日米軍基地 厚木海軍飛行場

 

埼玉県 1校
千葉県 1校
茨城県 1校
群馬県 1校
栃木県 1校

愛知県 5校
静岡県 1校
長野県 1校
新潟県 1校
福井県 1校
岐阜県 1校
三重県 1校

 

大阪府 10校
世界中の大使館と領事館が集中

 

兵庫県 6校
京都府 3校

滋賀県 1校
和歌山県 1校

広島県 1校
岡山県 1校

 

山口県 1校
岩国飛行場 在日米軍基地

 

愛媛県 1校

福岡県 4校

 

長崎県
佐世保基地

 

 

沖縄県
在日米軍基地 嘉手納空軍基地
在日米軍基地 普天間基地

 

---

 

 航空自衛隊の基地は全国にありますが、日本から北に飛びやすい航空自衛隊の基地は、九州と島根に複数あります。そして、関西, 東海, 信越 にも複数あります。関西, 東海, 信越は片道しか飛べないことになっていますが、そんなもん、米空母が近海にいますから、給油はどうとでもなります。

 

 米国と北朝鮮が開戦した場合、既に北は何処に核を撃ち込むか決めているでしょうが、全ての核ミサイルが最大で15発とすれば、とにかく航空戦力を潰そうとするはずで、青森,神奈川,山口,沖縄を狙って撃ってくるのが最有力でしょう。ただ、沖縄は北から距離があるので、1発,2発なら迎撃できるでしょう。確実な誘導で撃てるミサイルは、ミサイルの保有数とは異なるので、核ミサイルは確実な誘導で撃てるミサイルとして撃たなければならない(変なとこに飛んでいったら、言い逃れができない。)として、その他は通常弾頭だとすれば、ピンポイントで打てるミサイルは30発程度しかないと予測。残りはだいたいこんなもんで撃ってくるはずです。韓国内は通常弾頭でも一大事ですが、誘導弾でなければ、日本は九州の自衛隊基地でも、何処に飛んでくるかわからないミサイルの着弾があるだけということになるかな?

 

 常識的に考えて(常識が通じるかはわからないけど)、東京と大阪には核は撃ってこないでしょう。朝鮮総連本部を消滅させるとは、在日同胞に死ねと言っているのと同じで、日本において北の一切の工作員活動ができなくなりますし、大使館がある事を承知の上で、未警告で核を撃ち込んできたら、主要な取引先の国を含めて、全世界国交断絶。世界中を敵に回して、中国もロシアも大使館を消滅させられれば、明後日の方向を向いて、「一切知らない。」と無視するしかない(それで、各国の世論が許すとは思えないけど。)ですから、東京,大阪に核を撃ち込むことは、国家の消滅を意味します。まず考えられない。撃ってくるとしたら、通常弾頭でしょう。

 

 あと、朝鮮高校が集中している地域に核を撃ち込めば、生き残った在日同胞は皆韓国籍に変更して対峙しますから、北の工作員活動は不可能になります。青字の県にはまず核は撃ち込んでこないでしょう。通常弾頭なら撃ってくるかもしれないけど・・・

 

 開戦となれば、北はとにかく米軍の航空戦力を潰そうとするはずで、既に何処に核を撃ち込むか定めているはずです。赤字が最も危ないでしょうが、日本の在日米軍基地に集中して核を撃ち続けただけで、既に6発の核ミサイルを消費。連打で通常弾頭をカモフラージュとして、核弾頭を打ってくるとすれば、4発連射を6回繰り返せるわけもなく、4発連射を1回撃ったら、ミサイル発射台周辺は米軍に撃墜されて消滅していますから、1つの発射ポイントから、命がけで(全員死ぬことになるけど)1回4発連射をするのが精一杯。北の戦闘機では10分足らずで全機撃墜されるでしょうから、最初から制空権はないのと同じです。北から日本に向けて撃たれた最初の4発連射2回を防ぐ(もしくは、被害が少なくなることを祈る。)ことができれば、あとは北が日本に撃ってくる余裕はないでしょう。それに、在日米軍だって、北から撃たれる前に米軍機は全部緊急発進しているはずで、ほぼ空の滑走路が吹き飛ぶだけになるでしょうね。

 

 韓国空軍は、「とにかく自分の国は自分で守ってくれ。今はそれどころじゃない。」と迫撃砲の火が上がったところは、全て情け容赦なくミサイルを撃ち込んで消滅を繰り返し続けるはずで、韓国空軍は全弾打ち尽くすまで撃ち続けないと地上兵力だけにできないですから、集中してそうするしかないでしょう。

 

 自衛隊のイージス艦は、日本海側から日本近海に張り付いていて、ミサイル撃墜のために身動きはとれないでしょうが、潜水艦は絶対韓国領海でスタンバっているはずで、北から撃ち込まれるまでは、それが日本の防衛限界でしょう。日本に1発でもミサイルが着弾したら、安倍総理が防衛のための反撃を指示するでしょうから、自衛隊の九州, 信越の戦闘機のほとんどが北に向けて飛び立つでしょう。ミサイルを撃ち込まれて指をくわえて見ていたら、被害甚大になってしまいますから・・・ ミサイル発射台だけに集中して迅速に爆撃できれば、それで、結局、最初のミサイル連射2回で防ぐことができれば(核が着弾しなければ)なんとかなります。私は神奈川在住ですから、横田基地,厚木基地に核を撃ち込まれれば、生きているとは思えませんが、通常弾頭ならミサイル発射の緊急放送を聞いてから空を見上げれば、昼でも夜でもミサイルが見えますから、若いヤツなら、走ってもでも、チャリでもスクーターでも、直撃をさけて逃げることができれば、爆風が小さければなんとか助かります。核なら空中爆発ですから、まずダメでしょうが、通常弾頭なら、直撃でなければなんとか助かるでしょう。冷静で、ここぞという時に運動神経マックスに出来るヤツと、賢く逃げるヤツと、運がいいヤツなら助かります。

 

 通常弾頭なら、結局ただの爆弾ですから、地下鉄の改札を突破して地下に逃げ込めば助かる可能性は高いです。単発ミサイルなら、地べたはせいぜい10m程度しか吹き飛ばせない(爆風は横に行く)から、地下数中mを走っている地下鉄の線路まで走っていければ、真上に爆弾が落ちてもなんとか助かるはずです。冷静にイメージしておけば、もしもの時にケースバイケースでどう逃げれば助かるかは判断できます。日本は直上から爆撃機で空爆されるのではないので、数少ない核がたまたま飛んできてしまった場合はどうすることもできないでしょうが、通常弾頭なら冷静に逃げればなんとかなります。と、これ位のことは考えておきましょう。

 

 北からでたらめに迫撃砲で撃たれれても、皆韓国に着弾しますから、韓国は大変でしょうけど、日本は迫撃砲は届きませんから、北が何発まで誘導ミサイルを制御できるかにかかってきますが、被害がゼロではないにしても、米国がトマフォークミサイルを50発撃つ間に、一切の反撃をせずに日本にミサイルを撃ち込む余裕はないでしょう。日本も被害を受けるでしょうが、それは絶大ではないでしょうね。韓国は大変でしょうけど・・・ 韓国政府も「女子供は迅速にソウルから離れろ!」って指示を出せばいいのに。国民がパニックになるのと皆殺しになるのは、どっちが重大な問題か考えればわかるだろうに・・・ 韓国の成人男性は徴兵制があるから軍事教練を受けているでしょうが、女子供はなんにもできないんだから、迫撃砲が飛んで来たら、女子供を守りつつソウルを死守せよ。じゃ、ホント、ムチャだよ。ソウルは数時間で退避できるような人口密度じゃないのに、どこまで黙っているつもりなのかわからないですけど・・・


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック