<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Yesterday Today Total

 ポイントサイトを経由する場合は、ご紹介番号: 18030296354 と打ち込むだけで、ポイントサイトのポイントとは別に、更に1,000ポイントもらえます。

categories

archives

クレカクレスト(1) リクルートカード Master

 最近、クレカ使用にテーマを与えて、達成したら、商品券やポイントや自動値引き等の成果報酬を頂ける企画に色々チャレンジしているのですが、これって、一括りにして、単語にできないか? と思い出して、それを クレカクエスト と命名してみました。

 

 「達成したら、報酬はお幾ら万円?」とアクア様が言うわけじゃないど、この企画をクエストともじっているのは、だいたいわかるでしょ。クレカでそのクエストをやるのだから、クレカクエスト --- 「流行んないかな。私のブログじゃ、標準語にしよう。」と思った次第。

 

 多くのクレカクエストの中で、半分以上は、リボ払い設定が条件で、リボ回避枠があって、それを超えたらリボ払い = 「リボ払いって便利でしょ。」って実際にリボ払いを活用してもらいたいのが目的でしょう。この状態に足を踏み入れることを、一括りにして、単語にできないか? これを リボマシーン と命名。この リボマシーン --- 「流行んないかな。私のブログじゃ、標準語にしよう。」

 

 これら2単語の使い方はこうです。

 

--- クレカクエスト ---

条件を達成し、リボマシーンを回避せよ!

--- 難易度★☆☆(3段階で星1つ) ---

 

 今後、これで行きます。最近 リクルートカード VISA/Master を取得された方は、入会特典がないのを承知で入会したと思いますが、入会後に3,000円分ボーナスポイントのクレカクエストが待ち構えているのでした。

 

 

 これ(↓)です。
 https://www2.cr.mufg.jp/newsplus/campaign/c03/20160428_1.html

 

 それでは初めましょう。

--- クレカクエスト ---

リクルートカード VISA/Master をリボ枠3万円で楽Payに登録して、キャンペーンに応募。3,000円分のボーナスポイントを獲得して、リボマシーンを回避せよ!

--- 難易度★☆☆ ---

 

 以下が正しい解釈だと思います:

 

 6月1日以降に楽Payに登録して、8月末までに、ショッピングで5万円以上使う。既に6/1〜6/15を逃しているから、

 

 6/16〜7/15まで3万円以下。
 7/16〜8/15まで3万円以下。
 8/16〜8/31まで3万円以下(且つ、8/16〜9/15の間に3万円以下)。

 

 この2.5ヶ月で50,001円以上使う。そして、ポイントが付与される12月中旬まで、楽Payのリボ払い条件を変更してはならない。

 

 9/16〜10/15まで3万円以下。
 10/16〜11/15まで3万円以下。
 11/16〜12/15まで3万円以下。

 

 そして、12/16以後、3,000円分ボーナスポイントが付与されているのを確認するまで楽Payを解除したらダメ。ポイント獲得を確認してから、楽Payを解除すること。(リクルートさんに、3,000リクルートポイントを出してもらうのかな?)

 

 以上で、リボマシーンを回避して行けます。

 

 ※会員情報誌購読料、一部のカードご利用分、(集金代行や取立代行など)、ショッピングお支払予定分をあとからリボ払いに変更されたご利用分およびリボ払い手数料などは集計の対象外となります。

 

 条件として、こういう注記がありますが、一部のカードのご利用分が、nanaco や au WALLET のプリペイドカードへのチャージのことを言っているのかは、どうとでも取れますので、電子マネーへのチャージは、除いて考えた方が良さそうです。

 

 8月末までは、9万円の枠の内、50,001円以上をショッピングに使って、39,999円以下を電子マネーチャージに使っても大丈夫ということですね。9/16以後は、3万円以下を意識していれば大丈夫。正月前には自由を取り戻せます。

 

難易度★☆☆
 これくらいなら、食料品の買い出しだけで達成できますけど、100万円枠のクレカで、年内3万円/月のリボ設定で固められるということは、定期的な支払いを一切割り振れないのですが、これって、MUFGさんにとってなんのメリットがあるの?

 

 まあいいですけど。とにかく年内は、このクレカは暖機運転で温めたままにしておきましょう。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック