<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Yesterday Today Total

 ポイントサイトを経由する場合は、ご紹介番号: 18030296354 と打ち込むだけで、ポイントサイトのポイントとは別に、更に1,000ポイントもらえます。

categories

archives

KANHAM2018から、戻ってきました。

 無事に戻ってきました。帰りは、あっちこっちで仮眠をとって、高速のサービスエリアからコンビニの駐車場まで、ひたすら寝まくって、18時間以上かけて池田→横浜を走ってきました。

 

 出展者の数が凄い! 屋内出展は、ブース数がMAX状態で、これ以上増えると、「もう屋外で出展するしか方法がありません。」と言われる位にブースでびっしりでした。おまけに屋外が36℃って、正気を保てなくなるくらいの外気温。もう無茶ですわ。

 

 屋内出展は、もう、安全領域にブースは増やせないでしょう。あと、1Fから2Fに上がるスロープの廊下くらいしか空いているスペースはありません。それは安全面から絶対に認められないはずですから、「これ以上ブースを増やすのは無理です。」というMAX状態でビッシリでした。

 

 私は屋内出展でしたので、朝早くに惣菜パンを買って売り子をやっていましたけど、昼にその惣菜パンを食べると、初日はなんかスッぱいんだよね。ほんとギリギリ。2日目はちょっと気になったので、昼食抜きで売り子を続けました。お腹をこわしたら、出展を続けられなくなっちゃうからね。

 

 屋内のエアコンは、利くエリアと利かないエリアがあって、利かないエリアのブースを選ぶ人は、昔から覚悟の上で、出展者自身が考える効率重視で場所取りをするのですが、ブース数がMAX状態になると、更に屋内の温度上昇に拍車がかかるので、お客様も10分とか、物色して考えていられる余裕がなくなってくるのか、万札をポンと出して、お釣りをもらって直ぐにいなくなっちゃう人が多かったです。お客様もディーバックをしょっていたり、手提げバックを持っている人が多いですから、エアコンの利きが悪い場所だと、出展者と同じで、モロに暑さを体感することになるわけです。思考が付いていかなくなっちゃうでしょうね。会話をするより、とっとと要件を済ませて、涼しいエリアに移動しようと思うでしょう。

 

 今回、持って行った小銭の数が減っています。いつもは、小銭と千円札が増えるのですが、今回は、千円札が増えずに万札の方が多いのですから、外気温36℃がどれ程凄いか、こういったことからもわかるわけです。自販機のペットボトルのドリンクは、皆 売切れ表示。私は、「かき氷食べたい。」「かき氷食べたいよぉ〜。」ってずっと思っていましたけど、外に出て買って来る人が何人かいるのです。

 

 かき氷屋さんをやったら、KANHAM売上のダントツトップでしょうけど、第一 外気温36℃って、地面の熱反射を含んだら、体感温度は40℃を超えて、ほぼ夏の海状態。簡易的なクーラーや普通の冷蔵庫で冷やした位じゃ、氷を回せないでしょうね。あの状態でのかき氷屋さんって、プロの業者に4トンの冷蔵車で来てもらわないと無理だし、第一 外気温36℃で、その4トン車をエンジンをかけたまま屋外駐車場に停めておいたら、ただの熱源にしかなりませんから、暑さで正気を失った周りのブースのヤツに襲いかかられるでしょ。まあ、やれば儲かると思っても、プランを考えると難しいことに気づくわけですけどね・・・

 

 再来週は、愛知ハムの祭典です。お越しになる方、宜しくお願い致します。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック