<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Yesterday Today Total

 ポイントサイトを経由する場合は、ご紹介番号: 18030296354 と打ち込むだけで、ポイントサイトのポイントとは別に、更に1,000ポイントもらえます。

categories

archives

10/16 新型ATUの開発状況

 昨日、来日したATU開発者と話をしまして、以下の要領で進めます。

 

 新型ATUというのは、完売した RAT-H200 の次期バージョンのATUのことで、そのままの性能で小型化させたATUです。RAT-H200 は、私が設計に加わっていないのですが、新型は、私がそうとうに首を突っ込んでいます。これでも私は元プロですから、設計に噛むということは、私の理想に近づけるということです。

 

 新型ATUの仕様は、以下を目指します。--- プロトタイプを制作して実機テストを行い、その結果、小変更が生じるでしょうが、原則は以下を目指します。

 

 RAT-H200 同様 200W Max の ICOM機用のHF帯のATUを小型化します。

 

 もっと大出力のものは、とにかく 200W Max の物を作ってからでないと考えようがありませんから、まず、ICOM機用の 200W Max のATUを復活させてからです。

 

 ATUのリレーは実績のあるブラックリレーを採用します。

 

 ブルーのリレーも、実は耐電力上問題はないのですが、Radio Dream のモデルは、あえてブラックリレーを採用します。このブラックリレーは500Wでも全然余裕で、オーバースペックでもあるのですが、それでもブラックリレーを採用します。--- 気分的要素もありますが、アマチュア用(つまり、オーバーパワーのアウトロー仕様)として実績があるブラックリレーの方が、お客様の精神衛生上良いでしょう。という意味です。従いまして、Radio DreamのATUに限っては、PCBボードからスペシャル仕様になります。

 

 同軸とコントロールケーブルは、本体とセパレートにします。

 

 RAT-H2000は、2mの同軸と10mのコントロールケーブルがATU本体に繋がったままで製品としていましたが、新型は、ケーブルはなしにして、コントロールケーブルに限っては、標準オプションで、5mのコントロールケーブルが付属します。そして、同軸は無しにします。

 

 コントロールケーブルは、10m と 20m を追加オプションとして準備します。同軸は、皆さん、お好みの長さに切った物を繋いでいますから、そのようにして頂ければ問題はないでしょう。

 

 価格の話になりますが、これは RAT-H200 の価格に近づけられると思います。(そうしないと売れないですから・・・)

 

 同軸とコントロールケーブルを省くというのは、同軸とコントロールケーブル分の代金が下がるだけではないのです。RAT-H200をお買い上げ頂いた方はお分かりでしょうが、あの梱包、えらく手間がかかっているのは見ただけでわかるでしょう。マンパワーの手間を省くことが効率化であって、それによって価格を下げて、現状価格を維持したい。という目論みなわけです。ただ、同軸とコントロールケーブルは、本体とセパレートにするということは、それだけジョイントコネクターが必要になりますから、その部分はコストがかかって、それ以外はコストが下がるわけです。

 

 あとは技術的に企業秘の件もありますけど、最適な方法を考えたいと思っています。

 

 いつデビューさせるかですが、来年のKANHAM前に販売できるように持っていきたいですね。

 

 ATUは、実は冬は売れないのです。私は台湾の設計者に、「日本人は冬になるとネコになるから。」と言って笑いを取りましたけど、ようするに冬になると、皆、寒いからアンテナを建てなくなるので、急いでデビューさせるよりも、十分に検討して、春先以後にデビューさせた方が賢いと考えています。

 

「目標。来年のKANHAM前に量産品販売体制を確立して、デビューさせます。」と今言っても、問題はないでしょう。


コメント
お世話様です。

RAT-H200の壊れた予備を修理に出そうかなと思っていましたが新商品を待ちます。
小型化されるともう少し地上高をあげられるかなと妄想してます。
今動いているRAT-H200は、80mより上のバンドでRTTYやFT8で200W突っ込んでも壊れていないので当たりを引いたと喜んでます。
流石に160mで突っ込むと電信でも怪しい感じがありますが。。。

期待して待っています。
  • JF7LGH 佐藤
  • 2018/10/20 9:26 PM
ハッキリ言いますけど、私はYAESU用もKenwood用もリリースするつもりがありません。

外付けにICOM用からYAESU用の小さな箱に入れたレベルコンバーターを置きたいと考えていますが、これは、相当先になるでしょう。

この考え方だと、ATUは1種類で済んで、小さな箱が2つ(YAESU用とKennwood用)で済むのですが、実現できるのか?という話になります。

YAESU用を作っても全然売れないのは、ヤフオクでRAT-S150を販売してわかりましたので、レベルコンバーターとしたいのですが・・・

RAT-H200よりS150の方が高かったので、価格の問題もありそうですが・・・

なにより、出来るのかなぁ・・・出来なかったりして・・・
  • JM1LJS
  • 2018/10/18 12:16 PM
ヤエス用のATUはいつ頃で
いくらぐらいの予定ですか?
来年の関ハム以降ですね
アイコムが先ですね
  • JN3MXT 岩見
  • 2018/10/18 11:47 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック