<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
      
モッピー!お金がたまるポイントサイト

profile

      
お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

others

台湾に入国できない可能性があります

 もう言ってしまいますが、3月3日の便で台湾に入る予定です。目的はRAT-H200の修理ルーチンの確立と、RAT-H200 MarkII の製造依頼です。MarkIIは、既存品(RAT-H200)より小型になって、スペックはRAT-H200のそのままを引き継ぐ予定です。台湾に入国できればどうとでもなりますが、今日の時点で韓国人は入国拒否ですから、日本人も何時そうなるかわからないわけです。

 

 今回のフライトはちょっと変わっていて(Youtubeの見過ぎで、知識が付いているから。)、羽田→那覇 乗り換えて那覇→台湾(空港は非公開にしておきます。)なので、とりあえず、那覇までは行けます。成田→台北だと、日本人が入国拒否になったら、成田空港で金縛りになるのですが、今回のプランだと、那覇で金縛りになる(ならないよ。那覇は、昨年SFC修行とJGC修行で20回位行っているから、泊まるところはどうとでもなるし、那覇で休暇に切り替えればよいだけ。)わけです。

 

 那覇→台湾はピーチなので、日本人が入国拒否になると、飛行機そのものが欠航になるでしょうから、航空券代は全額払い戻しになるので、そのお金で那覇に滞在すればよいだけです。成田→台北の直行便と違って、スケジュールを心配する必要はないわけです。ダメな時は、沖縄休暇ですから。

 

 個人手配ですが、那覇-台湾間の航空券とホテルは、国内有名旅行会社(左のバナーだけど・・・)からパック料金で購入してありますので、「飛行機が飛ばなかったら、ホテルに滞在できないのだから、ホテル代は払い戻して下さい。」と言えないかな? まあ、私から出張をキャンセルする理由もないので、当日、日本人が入国拒否になってしまったら、それから動けばどうとでもなるでしょう。

 

 まあ、飛べない時は飛べないですよ。

 

 それから、実は今日のメールで RAT-H200  の船便での往復による修理の話は確実にまとまりました。3月6日には、アナウンスが出来ると思います。今後は、航空便での往復による修理も受け付ける予定です。航空便での往復は、修理代金の見積もりが甘い(未だ、送料を調べていない。)ですが、船便の方は見積もりが出ていて、発払いで送ってもらえば、ご自宅までの返品送料と日本-台湾間の往復送料を全て込み々々で、一律 ¥19,800-(税込)です。国内消費税と送料が上がっていますので、申し訳御座いませんが以前より800円値上げになりますが、3月からは、クレジットカードで修理代金のお支払いが出来るようになります。

 

 お取り扱いは、JM1LJS WEB SHOP ではなくて、Radio Dream Webshop です。そうしないと、JM1LJS WEB SHOP ではクレジットカード決済が出来ませんから。

 

 RAT-H200 の故障品を持っている人がいっぱいいるのは知っていますが、3月6日まではお問い合わせをして来ないで下さいね。もう直せるのは確定していますから。それ以前に、ノロウイルスのせいで、台湾出張の準備がてんやわんやになってしまっていますので・・・

 

 RAT-H200 の修理ができることが確定したので、一応、一安心でしょ。RAT-H200 MarkII は、ノロウイルスで引っ張られてしまいますので、KANHAMまでにプロトタイプは出せないでしょうね。当初は、KANHAMでプロトタイプをPRして、ハムフェア前には販売できるようにするつもりだったのですが、現状では、それは無理でしょう。経験上、秋から冬にかけてATUをデビューさせても売れないんですけどね。もう、色々しょうがないですね。

 

 これで、3月の台湾出張の要点は、ほぼ伝わったと思います。実は1月上旬からコツコツ準備をしていたのですが、ノロウイルスでなにもかも大遅延ですわ。


☆================================================☆