<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
      
モッピー!お金がたまるポイントサイト

profile

      
お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

others

軽自動車の名義変更をして、即廃車にする場合

 昨日、実際にやったので、ちょっと書いておきます。

 

 年式が古い車だと、中古部品を探して購入するより、中古車ごと購入して部品取車にした方が安く済んで効率が良いことがあります。そこで、中古車を探して購入して、整備工場に運んで、部品取車にしたわけです。

 

 ここまでの過程で、部品取車にしたのだから、その中古車は廃車にしなければ課税されてしまいますから、まず廃車にしなければなりません。

 

 そうすれば、中古車を譲ってくれた人と購入者の私に課税がかからなくなり、特に、個人売買で中古車を譲ってくれた人は税差し止め書【軽自動車変更(転出)申告書】+名義変更された車検証(もしくは、廃車証)を求めますから、名義変更の際は、この書類の管理を厳重にしなければなりません。

 

 ここで、軽自動車の廃車が目的でも、即廃車にするのは、ややこしい場合があります。軽自動車の廃車は、軽自動車の登録都道府県の軽自動車検査協会でないとできないのです。
 
  例えば、なにはナンバーの軽自動車を購入したら、横浜に住む私は、大阪に行かないと廃車手続きができないわけです。だったら、名義変更をして、一旦、なにわナンバー→横浜ナンバーとして登録して、横浜ナンバーの車を廃車にすれば、私は神奈川県内で廃車にできるのです。
 
 ここで問題は、一旦横浜ナンバーにするとは、横浜ナンバーのナンバープレートをもらうの? そして、その後1分で、横浜ナンバーを廃車にするからと、ナンバープレートを返すの? 「ナンバープレート代を払って、産業廃棄物を増やして、お金の無駄で地球にやさしくないよ。」と思ってコールセンターに電話して聞いたのですが、「ルールはルールです。」ってことなのです。しかし、実際に軽自動車検査協会で話をする際に、「名義変更して、即廃車にします。」と説明すれば、ナンバープレート無しで、横浜ナンバーにしてから廃車にしてくれます。
 
 このやり方だと、私は横浜ナンバーの車検証を受け取らずに、ナンバープレート無しの横浜ナンバーの車を廃車にしてもらえるのです。名義変更→廃車は、横浜ナンバーが与えれているけれど、横浜ナンバーのナンバープレートはもらわずに済みます。

 

 そうした方が産業廃棄物を増やさずに済みますし。自然ですよね。

 

 結局、一連の名義変更→即廃車をすると幾らかかるは、名義変更に住民票は必要だから、それは区役所で300円,軽自動車教会で、名義変更→即廃車をすると、レシートが3枚発行されて、合計1,350円, 合わせて1,650円也 (横浜ナンバーのナンバープレート代1,900円はかかっていません。)

 

 総額1,650円です。但し、区役所に行って住民票をもらってから軽自動車教会に行かなければなりませんが、それはたいしたことではないでしょう。

 

 同じようなことをやる人はそうはいないでしょうが、中古車を部品取車にする目的で購入して、即廃車にする場合は、この程度しかお金はかからないわけです。

 

 この後、解体業者に車を引き取ってもらう際に、リサイクル券の話になるのでしょうが、それは実際に体験したら、後日談で書こうと思います。

 


☆================================================☆