<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Yesterday Today Total

 ラクマに未登録の方は、招待コード: 9w4qAiO8 を入力して会員登録するだけで、楽天スーパーポイントがもらえます。

categories

archives

北海道ハムフェアに行ってきました。(1)

 出展しよう、しよう、したい! と思っていた北海道ハムフェアに車で行ってきました。出展する為には、商品を持って行かなければならない。--- そうなると、車で行くしかないのですが、横浜から札幌だと、けっこうあります。1,100キロ以上・・・ フェリーの乗船時間が最短になるのは、青森の大間→函館ですが、イメージがわかない。とにかく車で行って、感触を掴んでこないとプランが立てられないので、一回行ってみることにした次第です。

 

 問題は行きですね。フェリーの時間が支配しますから。横浜→大間まで900キロ以上走って、どれだけ計画と時間にずれがでるか? このマージンを十分にとる必要があります。乗り遅れたら、出品できなくなってしまいますから、なにしに行くのかわからなくなってしまいます。そして、道中、何日宿泊すればよいのか? 車で行ってみて実感できました。

 

 函館→札幌も、けっこうな距離が(200キロ以上)ありますから、出展するなら、開催日の前日に札幌に着いて、そのまま現地で1泊して、開催日の朝に出展の準備をして、ハムフェア開始。その夜に1泊して、翌日、2日目の出展を終えたら、片付けて、札幌→函館まで戻って1泊。翌日、フェリーで大間に戻り、大間→横浜を運転して帰る。これが、ギリギリ無茶なプラン。この時点で、3泊は絶対必要。帰りはサービスエリアや道の駅で、自由に寝て、のんびり帰ってこられるけど、行きの横浜→大間の900キロは、フェリーの時間から逆算して出発しているから、常に時間を気にし続けなければなりません。本当は、青森県内で1泊したいところです。と、言うのは簡単だけど、そうしただけで既に4泊。

 

 こんな事を考えていると、フェリー航路を見直した方が良いのでは? ということにもなります。横浜→札幌→横浜の往復で、2,307キロ走ったのですが、帰りは、札幌→大間→新潟(ここで1泊)→横浜と日本海側を走ってきました。走行距離は、帰りは新潟経由でも、行きと100キロ位しか変わりません。しかも、帰りは一切高速も有料道路も使わずに帰ってきましたけど、行きに比べて疲労感は全然低いです。(時計を気にしなくて良い。というものあるでしょうが・・・) 日本海側の方が道路はすいているし、信号が少ない分、幹線道路が普通に流れます。道の駅もいっぱいあるし・・・ 青森県の十和田湖から秋田県に抜ける際に、道が細い山道を通らなければならないところがありますけど、幹線道路の舗装路だし、軽自動車だったから全然平気。第一、深夜の山越えだと、対向車なんて、2台しかすれ違わなかったけど・・・

 

 一番注意しなければならないのは、深夜の秋田県は、ガソリンスタンドが2軒しか開いていなかったこと。1軒目は対向車線で、ちょうど対向車が通ったので、パスして次を探そうとしたら・・・全然無くて、秋田市内でも全然見つけられなくて(全部閉まっている。)、ガソリン残量の警告灯が点灯して、「もう、朝まで道の駅で寝てよう。」と思ったところで、やっと開いているガソリンスタンドを発見。ガソリンスタンドの店員さんの話を合わせても、深夜、秋田県内でガソリンスタンドが3軒しか開いていないことになるんだけど・・・ 深夜、秋田県の道の駅で寝ている車は、何人かガソリンスタンドが見つけられなくて、ふて寝しているんじゃないかと思うけどね。

 

 次の北海道ハムフェは2年後だろうけど、新潟から北海道までフェリーを利用する方法もあるし、色々なパターンを考えておきます。まあ、今回わかったけど、帰りは高速を使わずに(第一、新潟まで高速はまともに開通していないし。)日本海側をのんびり走って帰ってきても楽しいですわ。行きは北海道に渡るまで、時計を気にしながら走るのがちょっと苦痛なので、フェリー航路を十分に調べておきます。


モッピーで1,000ポイントが当たった。

 

 出張から戻って、ちょっとモッピーを覗いたら、覚えのない1,000ポイントが付いていました。

 

 チェックしたら、以下でした。

 

 私は使いやすいと判断して、チャージを繰り返しているのですが、そのご褒美?かな。

 

 

 セディナカードからのチャージは手数料がかからないし、ポイントは付くし、更にくじに当たれば、ご機嫌ですわ。

 


フリルの出品を始めました。

 今更ながらと言うか、実は、今日フリルにアマチュア無線のカテゴリーがあることに気づいて、IDを取って、フリルに出品を始めました。

 

 ググると、フリルは楽天が買収したんだね。ラクマとフリル? 微妙? そして、ここのところ、ラクマのお買い上げがほとんどなくなっています。フリルもラクマ同様、月々の会費が不要で、よしゃいいのに、販売手数料無料になっているね。楽天のような大企業さんは、戦略的に手数料無料にした方が、他社(間違いなくメリカリ)と張り合える。と踏んでいるのだろうけど、このシステムをラクマとフリルに導入して、何処まで持つのだろうか? 大企業って言うのは、社員の時間工数が高くなるので、フリルがそれ相当の利益を出せないと、(旧)楽天オークションじゃないけど、撤退せざろう得なくなってくるわけだけど、ラクマも抱えているのに、大丈夫なのかね?

 

 フリルは結局何処で利益を得ているかは、出品者が売上を銀行口座に引き出す際に、手数料を取っているだけです。あとは、楽天アフィリエイトはブロックしていて、楽天スーパーポイントで買い物ができなくなっていますね。楽天ならではの全ての出質をブロックして、出品者が売上を銀行口座に引き出す際の手数料だけでやる気なら、凄いもんだ。

 

 招待コードを調べると、携帯端末からしか入力できないようで、私のように50代が多い、アマチュア無線カテゴリーでは、参加者の9割方がパソコンからアクセスするだろうから、招待コードで楽天ポイントがもらえる。で引きつけるやり方は使えないだろうね。

 

 出品してみてわかったのは、ラクマよりサクサク動くね。慣れてしまえば、使いやすそう。カテゴリーも充実しているし、いいんじゃないかと思います。

 

 フリルは複数IDの取得が可能です。自分でショップを構築できるので、ちょっと楽しい。とりあえず、JM1LJS WEB SHOP FRIL店 にしたのですが、違う。複数IDが持てるなら、Radio Dream FRIL店 にした方がいい。と、直そうと思ったら、お買い上げを頂いて、取引中なのか? ショップ名を変えられない・・・ これは、その内変えてみます。

 

 IDは、楽天IDにリンクさせても取れるし、リンクさせなくても取れます。売上を楽天銀行の口座に引き出しても、他の銀行の口座にに引き出しても、引き出し手数料は同じで、楽天銀行の口座に引き出すのに、特にメリットはないです。

 

 また、評価ゼロから色々やってみます。ラクマやメリカリをいじっているより、楽しそうな気がします。

 

 私のフリルのショップは以下です。

 https://fril.jp/shop/b75edddea7ea9108788d10cbe7119561
 ショップ名は、変更する予定ですが・・・


旧 Yahoo! JAPAN JCB のサイト変更(2)

 やっぱりそうだ。旧 Yahoo! JAPAN JCB が、My JCB Online Service に移管されるとどうなるか?

 

 旧 Yahoo! JAPAN JCB で本人認証が可能になり、nanaco にチャージできるようになりました。(確認済み)

 

 旧 Yahoo! JAPAN JCB のスペックは、ワイジョイカード(新 Yahoo! JAPAN JCB )と変わらなくなりました。(ちゃんと、Tポイントが付いている確認していないけど、恐らく大丈夫でしょう。)

 

 正確に言うと、ワイジョイカードとは、使用限度額が違う(新 Yahoo! JAPAN JCB は、使用限度額変更を申請しなければ、ずっと使用限度額50万円のままだったように思います。)でしょうが、その他は同じで、しかも、旧 Yahoo! JAPAN JCB でしか Speedpass+ (つまり、Quickpay + nanaco) が使えない分だけ、旧 Yahoo! JAPAN JCB の方が優れていることになりますけど・・・

 

 まあ、旧 Yahoo! JAPAN JCB は、消滅確定クレカですけどね・・・ って、何度も言っているけど、JCB って、クレカの新規会員の募集を中止にしても、クレカが残っていることが多いんじゃなかったかな? 私は持っていないけど、還元率 2.0% のリクルートカードとかも、会員に対しては、継続発行されるんじゃないかな? 無記入のクレカ自体は、腐る程作っているはずだから、会員が希望するなら、クレカがなくなるまで発行し続けてもかまわない。と、JCB が考えても不思議じゃないわけです。

 

 大人の事情 = JCB と Yahoo! の真の契約条件は、会員にはわからないし、わかっているのは、JCB と Yahoo! だけだから、腐る程作った無記入のクレカと、JCBにとって、とてつもない額の利益損失になるはずの、クレカのキャリア変更は、どのように賠償がなされるのかも全く分からないし、旧 Yahoo! JAPAN JCB は、還元率 2.0% のリクルートカードみたいに、還元率が維持できなくなっらから廃止になったクレカではないし、元来、旧も新も、Yahoo! JAPAN JCB の還元率は同じなんだから、結局、"大人の事情" で継続しますよ。になるんじゃないかと思っていますけど・・・どうなるかなぁ?

 

 JCB は、JCB EIT(リボ回避が可能な、リボ専用クレカ) という、還元率以外はそっくりのクレカはあるけど、私は作ってみたけど、やっぱり使わないもんね。恐らく、旧 Yahoo! JAPAN JCB を持っている会員には、そのまま無記入のクレカ自体のストックがなくなるまで会員として使わせ続けた方が、JCB が他のJCBカードを薦めるよりもメリットがある事はわかりきっているからね。JCB にとって、旧 Yahoo! JAPAN JCB は、「会員様のご要望により、可能な限りサービスを継続します。」と JCB が言ってしまった方が、利口である事には間違いはないですけど、JCB がどう考えているのかは、JCB が決めることです。ただ、旧 Yahoo! JAPAN JCB は、もの凄い顧客数だろうから、それをゼロにしてしまったら・・・、やっぱり、そんなことはないと思うけどね???

 

 この話は、現状、私が考えてもどうしようもないので、旧 Yahoo! JAPAN JCB は、会員として、とにかく有効期限まで、ありがたく使わせて頂きます。毎月クレカの請求があるようにすれば、JCB が 旧 Yahoo! JAPAN JCB の継続を考えてくれるかもしれないし・・・と思いつつ、クレカを使い続けて、JCB の反応を見よう。Quickpay 100円使用で、無条件にTポイントが1ポイント貯まるクレカは、いいですか、日本にこれしかないんだからね。実は貴重で、使いやすいクレカなんだよ。


旧 Yahoo! JAPAN JCB のサイト変更(1)

 

 旧 Yahoo! JAPAN JCB が、Yahoo! の管理を離れて、JCB の管理に移りました。手紙が来ましたけど・・・ いずれにしても、有効期限満了で、使用できなくなる、消滅確定クレカです。私は、2019年8月末までですが・・・

 

 会員サイトも、Yahoo! のサイトが使えなくなり、My JCB Online Service が救済処置(?)で引き継ぎましたので、このカードを使っている人は、10月31日までに My JCB Online Service に登録しないと、カードの登録ができなくなってしまいます。

 

 恐らくですが、実のところ、色々な理由から、未だにこのクレカを使っている人はけっこういるんじゃないかと思います。

 

 私は、My JCB Online Service に登録しましたけど、ちょっと試したいこともあるので(今日は試せないから)、それは明日以後に試してみます。

 

 

 このクレカに Speedpass+ を紐付けして、以前はよく使っていました。消滅確定クレカですので、今後の対策は打っていますか、相変わらず、車のカギには Speedpass+ がぶら下がっています。そして、更にただの(ステック上の) Speedpass もぶら下がっています。Speedpass+ は、旧 Yahoo! JAPAN JCB の紐付けですが、ただの Speedpass は、昔作った AMEX のクレカの紐付けです。このようにしておけば、旧 Yahoo! JAPAN JCB が使えなくなっても、AMEX で給油ができます。Speedpass+ の nanaco は、旧 Yahoo! JAPAN JCB が使えなくなっても、そのまま使えますから・・・ ただの nanaco キーホルダーになるだけです。

 

 あとは、試したいことは、明日以後にやってみます。


<< | 2/95PAGES | >>